東京で男性求人を探す上で知っておきたい職種やコツまとめ

人のシルエット

ピックアップ

インターネットでも女性のほうが求人多し

クラウドワーカーやランサーズなど、インターネットでフリーランスが活躍できる仕事を探すと、「女性限定」というのが多く、「男性限定」という仕事はそれほど多くない。女性は育児や家事といったことの経験が豊富でクライアント側も仕事を発注しやすいのであろう。男性は、まだまだ家事に疎い者が多くアンケートなどで縛りができることが多いのであろう。また、女性は結婚…

男性が有利な求人の特徴

男女雇用機会均等法により、男女差別は禁止されています。そのため、求人票には男女のどちらを求めているのか書いていません。表面上はどちらでも応募可能となっているのですが、例えば、現場での力仕事であれば、男性を求めているのは一目瞭然です。もちろん、その逆に男性は一切お断りの求人もあります。これを見分けられないと、無駄な求人に応募して時間を無駄にしてしまうかもしれません。そこで男性が有利な求人票にはどんな記載があるのかをご紹介します。
1つ目は家族手当、住宅手当です。
こうした手当は、一家の大黒柱としての男性を想定しています。特に家族手当の場合は十中八九男性向けの求人と考えて間違いありません。
2つ目は交通費の上限です。
交通費の上限が1万円を超えるなど高額である場合は、遠方からの通勤を想定しており、体力のある男性が求められる傾向があります。
逆に交通費が安い場合は、近隣からの通勤しか想定しておらず、女性だけの求人であることが多いです。
3つ目は、「女性も働くことができる職場です」といった記載です。
こうしたことをわざわざ記載しなければいけない職場は、ほとんど男しかいない職場です。
そうした職場は女性の数も出世した例も少なく、男性が有利な職場です。以上、男性が有利な求人の特徴を3点紹介しました。