東京で男性求人を探す上で知っておきたい職種やコツまとめ

人のシルエット

ピックアップ

インターネットでも女性のほうが求人多し

クラウドワーカーやランサーズなど、インターネットでフリーランスが活躍できる仕事を探すと、「女性限定」というのが多く、「男性限定」という仕事はそれほど多くない。女性は育児や家事といったことの経験が豊富でクライアント側も仕事を発注しやすいのであろう。男性は、まだまだ家事に疎い者が多くアンケートなどで縛りができることが多いのであろう。また、女性は結婚…

インターネットでも女性のほうが求人多し

クラウドワーカーやランサーズなど、インターネットでフリーランスが活躍できる仕事を探すと、「女性限定」というのが多く、「男性限定」という仕事はそれほど多くない。女性は育児や家事といったことの経験が豊富でクライアント側も仕事を発注しやすいのであろう。男性は、まだまだ家事に疎い者が多くアンケートなどで縛りができることが多いのであろう。
また、女性は結婚といった受け皿がある。結婚し、家庭に入る女性の多くがインターネットの世界で仕事を行っている。男性は、昼間は会社に行っていることが多く、インターネットでの仕事をする機会が女性よりも少ないのが現状だ。アンケートなどの求人でも「女性限定」が目につく。男性限定は、EDかAGAのアンケートぐらいのものである。
しかし、現実社会を見てみよう。女性に力仕事は無理だ。大きなものをかついだり、運搬したりするのは男性の仕事だ。運送業界も女性が増えたといってもまだまだ男性優位な職場だ。建築現場や、警備員なども男性社会だ。わたしの主観的な感想で申し訳ないが、ネット社会は女性が優勢で、現実社会は男性が優勢なのではなかろうか。ただし、男性として不安がある。清掃業界などかつては男性優勢だった分野に女性が続々と参戦してきているのだ。油断ならない時代である。